Undergraduate School

学部

募集案内

本学部は、ノーベル賞受賞研究をはじめ、世界に冠たるさまざまな研究成果を生み出してきました。現在、理学部を構成する全学科の大学院専攻がCOE研究拠点に選定され、世界最高水準の研究が展開されています。理学部の研究・教育は、国際的にも大変高い評価を得ています。

自然の真理は非常にシンプルですが、我々人間にはなかなかそれが分かりません。しかし素心に還り深く考え、自然へのあこがれの火を心に燃やし続ければ、必ず自然はその本質を明かしてくれます。皆さんがたゆまざる勉学で自己への自信をもつと同時に、自然への謙虚さを身につけていく、そのように皆さんが確立した個人として成長していく場を、名古屋大学理学部は提供します。

選抜試験

名古屋大学理学部へ入学するためには、以下の選抜試験に合格する必要があります。
志願者は第一次試験として大学入学共通テストを受験します。大学入試センター発行の受験案内を参照し、在学又は出身高校の校長又は担当教諭とよく相談してから出願するようにして下さい。

第二次試験として、本学が実施する「①学校推薦型選抜」または「②一般選抜」を受験する必要があります。

①学校推薦型選抜
本学理学部に入学して勉強したいという明確な志向と熱意を持ち、学習成績、人物ともに優れた志願者に対する制度で、高等学校等の長による責任ある推薦を受け、大学入学共通テストの教科・科目のうち本学部が指定した教科・科目を受験していることをもってはじめて対象となります。
〉(理学サイト)「学校推薦型選抜の変更について」(令和7年度入学者選抜以降)

②一般選抜
本学が定めた日程及び方法により学力検査及び書類審査によって行われます。
〉(理学サイト)「一般選抜の変更について」(令和7年度入学者選抜以降)

③総合型選抜(令和7年度~新設)
化学科では、大学入学共通テストを課さない総合型選抜で、化学分野の学問・研究に強い興味と情熱をもつ者を対象に、自己推薦により自らの化学に対する興味と情熱を「明確に示せる者」であって、合格した暁には必ず入学することを「確約できる者」を選抜により選考します。これまでにない視点による入学者を受け入れることで、学生内の多様性を図るとともに、既存の化学教室の更なる活性化を図ります。

名古屋大学受験生応援サイト
第2次試験(一般選抜・学校推薦型選抜)のインターネット出願や各種募集要項、入試に係る情報が得られます。
(サイト内)大学案内・選抜要項の入手のページ

大学情報センター(名古屋大学)サイト
本学に係る各種情報をスマホ等で閲覧することができます。本学が主催・共催する一般向け・高校生向けイベント情報や学部パンフレット等もこちらで確認できます。

独立行政法人 大学入試センター(大学入学共通テスト関連)サイト
大学入学共通テストの実施主体ですが、受験案内や期日など様々な情報が得られます。

令和7年度から導入する総合型選抜(旧AO入試)についてはこちらから
理学部の学科ごとに実施方法が異なります。下記にも概要を掲載しています。

総合型選抜

令和7年度から理学部では総合型選抜を新たに導入します。化学科は、大学入学共通テストを課さない総合型選抜で、専門分野への強い知的好奇心とチャレンジ精神を持った学生を選抜するため、学科独自の選考を行います。

提出書類により高校での学習成果や、様々な活動への自主的な取組状況を評価します。また、専門科目に対するチャレンジ精神、知的好奇心、表現力、説明力などを基礎学力とともに学科の実施する「小論文」および面接(口頭試問)等により総合的に評価する予定です。

既存の試験では測れない様々なバックグラウンドを有し、かつポテンシャルを秘めた学生を別枠で選抜することで、更なる多様性に資することを目的として化学科全体の活性化を図ります。

【募集概要】

出願期間 2024年
10月1日(火)~10月8日(火)
第1次選考(書類)合格者発表 10月28日(月)
第2次選考(小論文) 11月2日(土)
第2次選考 合格者発表 11月8日(金)
第3次選考(口頭試問を含めた面接選考) 11月23日(土・祝)
最終合格発表 12月上旬を予定

※ なお、2024年3月22日付で提出書類の一部変更などを本学理学サイトにて公表しているところですが、今一度こちらからもご確認ください。概要、アドミッションポリシー、出願資格、出願要件、出願書類、試験期日、配点等が確認いただけます。
※ 総合型選抜に係る「チラシ」も準備しました。

【募集人員】
5名

【選抜方法】
書類選考、小論文、口頭試問を含めた面接選考の3段階で選抜します。

理学部のページはこちら